menuclear

MBAとは

What is MBA

MBAの定義と価値について

MBAとはMaster of BusinessAdministrationの略称です。日本語では経営学修士号、または経営管理修士号と呼ばれる学位であり、経営学の大学院修士課程を修了すると授与されます。よくMBAは資格(国家資格や業務独占資格等)と混同されることがありますが、MBAは資格ではなく「学位」です。資格はある行為を行うために必要となるものですが、学位はある専門分野の学問を修めた人物に対して与えらえる称号です。MBAプログラムを提供している大学院は、通称としてビジネススクールと呼ばれており、主に社会人を対象にしています。1881年の米国ウォートン・スクールが世界初のビジネススクールであり、1908年に設立されたハーバード・ビジネス・スクールが現在のMBA課程の基礎を作ったとされています。
MBAプログラムの目的は、経営者や経営をサポートするビジネスプロフェッショナルを短期間に育成することにあり、経営の3要素であるヒト・モノ・カネの知識習得をするカリキュラムが構築されているのが一般的です。また、アメリカをはじめとする海外のビジネススクールでは、テクノロジーなど時流にそったカリキュラムを用意しているスクールもあります。平均年齢は、差はあるものの海外では20代後半が中心、日本では30代半ば~後半が中心です。

国内のMBAスクールとMBAの価値について

さらに詳しく見るarrow_forward

国内MBAと海外MBAの違い

ビジネススクール選びでは、まず入り口で国内系か海外系かに分かれます。昨今のビジネスキャリアにおいてはグローバルな視点でキャリアを 描く方がより標準になっていますので、海外学位を検討される方が以前にもまして増えているのはご想像の通りの現状です。
国内系スクールも含め、学ぶ内容はヒトモノカネの経営学そのものを 学びますからビジネススクールによって実施される科目が全く異なるという事はまずありません。
ただし細かな特徴はスクールによって違いが ありますのでご自身がより重視にしたいポイントとそのビジネススクールが重視している点が重なるフィット感を大切にして頂ければと思います。
その中でも、我々のように国内にいながら留学せずに海外MBAを取得できるビジネススクールも存在しています。
国内で海外MBAを取得できる仕組みはどこにメリットがあるのでしょうか。
留学が不要なので、海外渡航費がかからない。
今のキャリアを中断せずに海外MBA取得ができる
といった部分はもちろんそうですが、それに加えて海外MBAの価値とは、グローバルな認知度と、MBAとしての評価制度の違いによるものです。下記の詳細で詳しく見ていきましょう。

海外MBAが優位である理由

さらに詳しく見るarrow_forward

なぜ海外MBAの中でも英国MBAなのか

海外MBAといっても大きく米国のMBAと欧州のMBAと大きく分かれます。
その中でも我々は英国の「ウェールズ大学トリニティセントデイビッド」と提携し、その学位を日本国内で取得できるプログラムを運営しています。
その理由は、英国MBAの品質保証のレベルの高さ、英国ビジネススクールの世界的高評価によるものです。
英国のMBAは国立大学がほとんどであり、英国のビジネススクールにはQAA(Quality Assurance Agency for Higher Education: 高等教育質保証機構)に準拠した評価指標が存在しています。その評価指標に則り、講義科目も論文も主担当教員以外に2名の審査官が主担当の評価の妥当性を審査する仕組みが整っている点が挙げられます。
一方でアメリカのMBAは英国とは対照的で私立大学が中心となっています。そのため大学院の絶対数は多い一方で、カリキュラム等の品質を客観的に管理しづらくなり、どうしても大学ごとでレベルの開きが発生してしまう実態があります。
それでは英国MBAの品質保証、英国ビジネススクールの世界からの高い評価について、英国MBAと米国MBAの違いについて詳しく見ていきましょう。

英国MBAと米国MBAの違いについて

さらに詳しく見るarrow_forward

インタビュー

MBAコラム