menuclear

ケーススタディ

意思決定のための考える力を磨くことが目的

ケーススタディは学生にとって特定の問題を解決するための知識を得るだけでなく、各科目で課される学術文献から得る知識をもっと一般的なものへと膨ませ、独創的な思考を促し、視野を広げる役割を持っている。経営学における各分野の考え方・理論・理論と現実の関係などを学び、意思決定のための考える力を磨くことが目的である。

意思決定のための考える力を磨くことが目的

自分なりの意思決定のための結論を導く

ケースは通常、企業とその製品、顧客、従業員、財務状況などに関する参考情報と当面の問題に関する直接的情報が提示されている。ケースで取り上げているその問題に対して、自分なりに論理的に分析し、自分なりの意思決定のための結論を導くことを学生に期待されている。
そして、授業内でのディスカッションを通して、ケースとケースの相対感とケースの議論を成り立たせている条件理解が醸成されていく。これらの理解が進みと、具体的事象から一般化、抽象化する理解が深まり、「この場合にはこういう議論が必要だ」という問題を正確に捉え、打ち手を考え出す力を身に付けることができる。

自分なりの意思決定のための結論を導く